【静岡】牧之原市長、IR誘致を表明。県内初。【2019/2/4のカジノニュース】

1月31日、静岡県牧之原市の杉本基久雄市長が、定例記者会見でIR(カジノを含む統合型リゾート)の誘致を表明しました。

「IR誘致はにぎわい創出の絶好の機会」とコメントをした杉本氏は、土地の低い価格豊かな大自然富士山の絶景などを牧之原市の強みとして挙げています。

これまで静岡県では日本平が誘致の可能性を示していましたが、正式に誘致を表明したのは静岡県内では今回が初めてです。

【静岡県】IR誘致に向けた報道出るも川勝知事はIRに否定的

2019年1月6日

候補地については、「静岡空港と御前崎港を結ぶ国道473号バイパス周辺の開発可能地を模索している」としており、このエリアの数十ヘクタールの用地が候補地となっていると見られています。

杉本氏は2、3月に地域住民に対する説明会を開き、3月末までに県に正式に誘致の意向を伝える模様です。

牧之原市のIR誘致が香港のゲット・ナイス・ホールディングス社(Get Nice Holdings Limited)と昭徳リナルド株式会社が率いるコンソーシアムと関係にあるのか、そして杉本氏が入札プロセスをその他のIR事業者に開放するかどうかは不明であるものの、ゲット・ナイス・ホールディングスは、香港証券取引所へ提出した報告にて「牧之原市統合型リゾート事業者選定委員会は、2018年10月3日に昭徳リナルド株式会社に確認書を正式に発行した。昭徳リナルド株式会社は、カジノ事業を含む牧之原市IR計画を日本国政府へ提出できる唯一の指名された候補者である」と主張しています。

尚、市としては、2019年度予算案において、IR関連費用を計上しない方針です。