大阪市、万博後の2026年開業も容認へ。

統合型リゾート(IR)の誘致を目指す大阪市の松井一郎市長は13日、IR事業者に求める条件として、万博後の全面開業を容認する意向であることを明かしました。

 

当初は2025年に開催される大阪万博の開催前にIRの全面開業を行うことを目指していましたが、度重なるスケジュールの遅れの影響で、工期が間に合わないということから、開業時期についての議論が行われてきました。

【大阪】IRの2024年開業が困難に。一部開業にとどめる方針

2019年11月9日

松井市長は今回の判断について、

「(事業者と)一緒に仕事をしていく中で、一方的に無理な条件を並べてもパートナーとは呼べない

と述べ、現実的にIRの開業が間に合わないことに配慮した模様です。

 

大阪府・市は今後はIRの実施方針の発表後、事業者の公募・選定を行っていきます。

再三先延ばしになってしまった開業時期がこれ以上遅れてしまわないように祈るばかりです。