世界のカジノの年齢制限まとめ。

カジノ整備法では日本のカジノは20歳未満の入場が禁止という方向で話が進んでいます。

では、世界のカジノでは何歳からの入場が出来るのでしょうか?

また、飲酒は何歳から可能なのでしょうか?

 

旅行先で楽しみにしていたカジノに入れないなんてことになっては悲惨すぎますよね(笑)

 

ということで、今回は世界中のカジノの年齢制限について特集したいと思います。

ラスベガスのカジノの年齢制限・飲酒・喫煙

世界でもっとも有名なカジノの町ラスベガスでは、

21歳以上でなければカジノへ入場することが出来ません

 

その他の州についても一部例外を除いて21歳からとなっています。

 

筆者は、ラスベガスのカジノで勤務していたことがあるのですが、多くの日本人が入り口で弾かれてしまうのを見てきました。

日本では成人した気になっていても、こちらでカジノに入るには一年足りないのです…

 

ちなみに人種を問わず、何とかカジノへの入場を試みようとしたり、スタッフにお願いをしてきたりします。

しかし、ダメなものはダメです(笑)

 

日本人客への対応は自分が行っていたので、しょげて帰っていく学生さん方を見るのは非常に辛いものがありました。

ちなみにラスベガスは年齢の規制については非常に厳しく、スロットマシンには必ずと言っていいほど

NEVADA LAW
prohibits any persons under the age of 21 to play or loiter near slot machines。

(ネバダ州の法律では、21歳未満の人はスロットマシンで遊んだり、近くをフラフラすることを禁止する。)

と書かれています。

 

ラスベガスは空港内にもスロットマシンが置かれていますが、年齢が達していないと近づくことすら許されません。

かなり厳しいルールになっていると言えるでしょう。

 

万が一ばれてしまった場合に数百ドルの罰金を取られてしまい、賭け金から勝ち金まで全て没収なんてことも….

将来的な出入り禁止も可能性があります。

(旅行だからとタカをくくっていても、系列カジノ全店出入り禁止なんてことになるとかなりの数のカジノに入れなくなり、とても不便です笑)

 

最後に、何度も言いますが、20歳を迎え日本では成人していても、カジノに入場することが出来ないので注意しましょう。

 

余談ですが、アメリカでは飲酒も21歳から、喫煙については州によって異なり、ラスベガスのあるネバダ州は18歳から喫煙可能です。

喫煙は所定のスモーキングエリアでのみというカジノもあるため、必ずカジノに確認をしましょう。

ラスベガスのカジノは入場が21歳から!

パスポートを忘れないようにしましょう!

マカオのカジノの年齢制限・喫煙・飲酒

世界一のカジノの売り上げを誇るマカオのカジノもアメリカと同様に21歳未満の入場が禁止されています。

 

しかしアメリカと大きく違う点は、入場時のセキュリティチェックが甘い点です。
(※当サイトでは、満たない年齢での入場は推奨しておりません。)

 

というのも、マカオの法律では入場時の年齢確認を義務付けておらず、明らかに21歳に達していないと思われる場合にのみ年齢確認を求められます。

そのため、入場を試みた未成年が入場できずに追い返されることがしばしばあります。

(参考)マカオのカジノ、年齢制限による入場拒否数28万人ーマカオ新聞

 

もちろんセキュリティを突破した者もかなりの数いることは確かです。

ただ、後になってチェックを求められた場合、アメリカと同様賭け金、勝ち金が没収され、罰金が科せられたりと散々です。

 

リスクを承知の上で勝負をするのがギャンブラーでしょうが、年齢のリスクを背負ってまでカジノへ行くことをおすすめはできません。

ちなみに、日本人は特に若く見られやすいので、年長者でも必ずパスポートの携帯を忘れずにカジノへ向かいましょう。

マカオのカジノは入場が21歳から!

殆どチェックされないけど、パスポートは念のため持って行こう!

2019年1月追記

マカオでは、カジノフロア内での禁煙が義務付けられました。

今後は政府の認可を受けた限られた喫煙スペースでのみ喫煙が可能です。

要は、日本のパチンコ店でよく見られるゲームをプレイ中の喫煙が、一切できません。

万が一喫煙に関しての違反行為を行った場合、経験に拘束され、罰金等の処分を受けることとなりますので、注意しましょう。

マカオのカジノで禁煙がスタート。効果やいかに

2019年1月2日

シンガポールのカジノの年齢制限・喫煙・飲酒

マリーナベイサンズの外観(シンガポール)

シンガポールもマカオ、アメリカ同様21歳未満は入場禁止です。

 

といっても、シンガポールはカジノが二軒しかありません。

マリーナベイサンズと、リゾートワールドセントーサです。

リゾートワールドセントーサ(シンガポール)

もちろんどちらも年齢確認があり、そこそこに厳しいので、若い方は21歳まで我慢した方が良いと思います。

さて、喫煙についてですが、マリーナベイサンズに関しては喫煙が可能なカジノフロアと、禁煙のカジノフロアに分かれています。

そのため、たばこの嫌いな方でも、たばこが大好きな方でも楽しめる作りになっています。

 

これは、巨大なIRならではの特徴と言えるのではないでしょうか?

 

ちなみに、日本がこれから作るIRはこのシンガポールのIRがモデルとなっています。

現在はまだどうなるかわかりませんが、もしかすると日本もたばこでフロアを分けるなどするのかもしれんせんね!

シンガポールのカジノは入場が21歳から!

日本のIRはシンガポールがモデルになっていますよ!

韓国のカジノの年齢制限・飲酒・喫煙

パラダイスシティ仁川(韓国)

これまでご紹介した、ラスベガス・マカオ・シンガポールはどれも21歳以上からの入場が可能でした。

 

これに対して、日本のお隣である韓国のカジノは19歳から入場可能です。

カジノで遊びたい19~20歳の方にとっては、非常にありがたい国と言えるでしょう。

 

韓国の魅力は何といってもその近さ

ふらっとカジノに行けるというのは大きな魅力ですよね!

 

また、カジノのレートが比較的安く設定されていることからも、筆者はカジノ入門するなら韓国が最もおすすめできます

 

こちらも基本的にパスポートの提示が原則となっており、パスポートを忘れてしまっては入れないので必ず携帯しましょう。

 

ちなみに、韓国では飲酒、喫煙についても19歳から可能ですが、韓国のカジノではフロア内での喫煙が基本的に禁止されていて、ゲームをプレイ中の喫煙が出来ません。

個室のVIPルーム等に関してその限りでは無いかもしれませんが、通常は窮屈な喫煙ルームに行かなければならないため、注意が必要です。

韓国のカジノは入場が21歳から!

初めてのカジノ入門にお勧め!

オーストラリアのカジノの年齢制限

オーストラリアのカジノは18歳から入場が可能です。

これまでご紹介した国に比べると年齢が若く設定っされているように感じますが、世界中で18歳から入場可能の国は結構多いんです。

 

ただ、オーストラリア=カジノというイメージはなかなか無いですよね!

 

オーストラリアのカジノのおすすめはまずスロットマシンが非常に多いことです。

恐らく世界で最もスロットマシンが盛んではないかと思います。

 

現地ではポーキーマシンと呼ばれ、愛されています。

 

そして、オーストラリアでは一定量の濃度までは飲酒運転が合法化されています。

レンタカーでカジノに訪れ、お酒を飲みながら楽しんだ後、車で帰ることが出来る。

 

そんなことが出来るのがオーストラリアの魅力といえるでしょう。

オーストラリアのカジノは入場が18歳から!

スロットマシンから、ギャンブル、お酒、ドライブを楽しむならオーストラリアがおすすめ!

欧州のカジノ

欧州のカジノは国によって入場可能な年齢が異なります。

一律に18歳から入場可能であったり21歳から入場可能と書いているサイトがありますが注意しましょう。

フランスのカジノの年齢制限

フランスのカジノは18歳から入場可能です。1987年までは21歳からとなっていましたが変更されました。

イギリスのカジノの年齢制限

18歳から入場可能です。宝くじは16歳から購入可能です。

イタリアのカジノの年齢制限

18歳から入場可能です。

ドイツのカジノの年齢制限

18歳から入場できる地域もあれば25歳からというカジノまで様々にあります。

ポルトガルのカジノの年齢制限

外国人観光客は18歳から入場可能ですが、現地人は21歳からの入場となっています。

ベルギーのカジノ

ベルギーではカジノは会員制のクラブになっており21歳以上に限定されています。

ギリシャのカジノ

ギリシャは珍しく、23歳以上から入場可能になっています。

 

まとめ

世界のカジノに目を向けると日本の20歳から入場可能という法案は異質ですね!

 

ただ、日本ではお酒もたばこも20歳から。

成人ということで、自然な流れかもしれません。

 

もし世界のカジノを訪れる場合は、その地域のカジノに入場可能な年齢を調べたうえで、パスポートを必ず忘れずに持っていくようにしましょう!

1 個のコメント