カリビアンスタッドポーカーのルール、遊び方をカジノのプロが徹底解説!

カリビアンスタッドポーカー(Caribbean Stud Porker)の基本ルール、遊び方からハウスエッジ(控除率)は?役はどんな確率で期待値は?必勝法や攻略法、戦略はある?という疑問まで、実際にアルティメットテキサスホールデムをカジノでディーリングした経験を持つ現役カジノディーラーが解説します!

カリビアンスタッドポーカーの基本ルール

カリビアンスタッドポーカーの基本ルール

アルティメットテキサスホールデムは、ポーカーの役を利用した、ディーラー(カジノ側)とプレイヤー(お客さん側)が戦うゲームです。

ディーラーとプレイヤーにはそれぞれ5枚のカードが配られ、その5枚の手札の役の強さで勝負します。

世界中で流行するテキサスホールデムポーカーは他のお客さんが対戦相手となりお互いのチップを取り合うゲームですが、アルティメットテキサスホールデムはディーラーとプレイヤーがサシ(1対1)で勝負するゲームなので、テキサスホールデムポーカーとは違い、他のお客さんのプレイや手札は勝敗に一切影響しません。

カリビアンスタッドポーカーのルール自体は、日本で一般的に知られる「ドローポーカー」と非常に似ていると言われます。

カリビアンスタッドポーカーの数字の数え方

対人ゲームであるテキサスホールデムポーカーの場合は、同じ役の強さを相対的に比較するために数字の大きさが用いられます。

カリビアンスタッドポーカーも、ディーラーと勝負する際に役の強さを判定しなければならないため、数字の強弱はまず覚える必要があります。

数え方はテキサスホールデムポーカー同様にAが一番強く、2が一番弱くなっています。

A>K>Q>J>10>9>8>7>6>5>4>3>2

また、カードのスーツ(♠などの柄)はこのゲームでは勝敗に影響しません。

カリビアンスタッドポーカーの役の強さ

カリビアンスタッドポーカーは、合計7枚のカードのうちの5枚を使って役を作るという点ではテキサスホールデムと一緒です。

そのため、3カードポーカーやクレイジー4ポーカーのようなポーカー派生ゲームと異なり、役の強さのランクはテキサスホールデムポーカーと一緒になります。

役の強さは以下のようになっています。

役の名前(上から順に強い) 役の内容
ロイヤルストレートフラッシュ(Royal) 数字が10,J,Q,K,Aのストレートフラッシュ
ストレートフラッシュ(Straight Flush) ストレート、フラッシュがともに成立している
フォーカード(Four of a kind) 4枚の同じ数字を持つ
フルハウス(Full House) 5枚のうち同じ数字が2枚,3枚
フラッシュ(Flash) 5枚すべての絵柄(♠など)が同じ
ストレート(Straight) 5つの数字が連続している
スリーカード(Three of a kind) 3枚の同じ数字を持つ
ツーペア(Two Pair) 2種類の数字のペアを持つ
ワンペア(One Pair) 1種類の数字のペアを持つ

カリビアンスタッドポーカーのゲーム進行、遊び方

カリビアンスタッドポーカーの賭け方

カリビアンスタッドポーカーには、「Ante」と「Bet」(Call,Raiseと表記される場合もあり)の賭けるエリアが用意されています。

ゲームを始めるには、「Ante」に賭けたい金額を置きます。

ディーラーが「No more bet」と宣言した時点で賭けは成立し、以降既に賭けた賭け金に触れてはいけません。

「Bet」については後ほど使用します。

カリビアンスタッドポーカーのゲーム進行

カードの配布
ディーラー、プレイヤー共にカードが5枚ずつ配られます。

この時、ディーラーの5枚のカードのうち、1枚が開かれています。

プレイヤーは、自身の5枚のカードと、ディーラーの1枚のカードしか見ることが出来ず、他のプレイヤーのカードは見てはいけません。

勝負するかしないかの選択
5枚のカードを見て勝負をするのかしないのかを選択します。

・勝負する場合
「Ante」の2倍の金額を「Bet」へ置きます。

その後、ディーラーとの勝敗の判定に移ります。

・勝負をしない場合
フォールドとなり、最初に賭けた「Ante」は没収されてしまいます。

カリビアンスタッドポーカーの勝敗の判定と配当

カリビアンスタッドポーカーでは勝敗のつくパターンには、ディーラーが勝負を降りる場合と、ディーラーとプレイヤーの役の強さを比較する場合があります。

ディーラーが勝負を降りる条件は、ディーラーの手札に役が無い(ハイカード)かつ、AとKの組み合わせが手札に存在していない場合です。

少しややこしいですが、それぞれ解説します。

※配当におけるA to Bとは賭け金Bに対してカジノから支払われる配当をAとしたもの。

ディーラーが勝負を降りる場合
ディーラーのディーラーの手札に役が無い(ハイカード)かつ、AとKの組み合わせが手札に存在していない場合に、ディーラーは勝負から降りてしまいます。

もしプレイヤーの手札が条件を満たすディーラーの手札に負けていようと、降りる決まりになっています。

この時、「Bet」に置いた賭け金はそのまま返却され、「Ante」については等倍の配当(1 to 1)が支払われます。

役を比較して勝負する場合
ディーラーの手札に役が存在する、もしくはAとKの組み合わせが存在する場合は、お互いの手札を比較して勝負します。

プレイヤーが勝った場合
プレイヤーが勝った場合、「Ante」については等倍の配当が支払われます。

「Bet」の賭け金については、手札の役の強さによって、配当が異なります。

以下が「Bet」の配当の割合になります。

役の名前 配当の割合
ロイヤルストレートフラッシュ(Royal) 100 to 1
ストレートフラッシュ(Straight Flush) 50 to 1
フォーカード(Four of a kind) 20 to 1
フルハウス(Full House) 7 to 1
フラッシュ(Flash) 5 to 1
ストレート(Straight) 4 to 1
スリーカード(Three of a kind) 3 to 1
ツーペア(Two Pair) 2 to 1
その他 1 to 1

プレイヤーが負けた場合
「Ante」「Bet」共にシンプルに没収となります。

プレイヤーは勝った場合1 to 1以上の配当を得ることがありますが、ディーラーの手札がストレートフラッシュだった時にプレイヤー負けた場合などは、賭け金以上の金額を没収されることはありません。

引き分けとなった場合
引き分けの場合は、「Ante」「Bet」共にそのまま返却されます。

これはPushと呼ばれます。